THE THOR 初期設定/再構築

THE THOR ロゴ

このページは WordPress のテーマ THE THOR を導入し記事を書き始めるまでのマニュアルページです。


新規ユーザーに必要な初期設定を行い記事が書ける状態にすること。また、既存ユーザーが新たにサイトを立ち上げる際の備忘録として。
このページを見ることで THE THOR を使用するための環境が整います。

 

トラブル発生時の対処法も記載しているので 「WordPressは初めて」というユーザーでも安心してブログを開始することができます。

 

 

ブログ環境の構築がまだの方はこちら

Google が推奨する最新の機能を搭載した「THE THOR」を導入する。
※ THE THOR の詳細・ダウンロードについては公式サイトをご覧ください。

レンタルサーバー/ドメインは設定や管理がわかりやすい ConoHa WING を推奨します。
サーバー移行は専門の業者にお願いすることもできます。

 

各項目を見る

テーマをダウンロード

テーマファイルのアップロード

更新用IDの設定

サイトマップの登録

サーチコンソールとアナリティクスの設定

Google AdSense などの設定

おまけ:コピーライトの変更

 

 

テーマをダウンロード

 

THE THOR を購入するとテーマをダウンロードするための URL がメールで送られてきます。メール内にある指示に従って作業をすれば問題はありません。

テーマのファイルをダウンロードしたらダブルクリックで解凍。(ファイル名:theme-the-thor-******.zip)

解凍すると「theme-thethor」というフォルダが表示されます。フォルダの中には2つのZIPファイルがあり、これが THE THOR の親テーマと子テーマのファイルになります。

 

2つのファイルの準備が完了

  • the-thor.zip(親テーマ)
  • the-thor-child.zip(子テーマ)

 

check !

2つのZIPファイルは解凍しないでください。
今回だけでなく今後も必要になるファイルなので確実に保存しておきましょう。間違っても消去しないよう注意。

 

テーマファイルのアップロード

テーマのインストール
外観 > テーマ > 新規追加
テーマのファイルをアップロード
テーマのアップロード > ファイルを選択

 

WordPressの管理画面からダウンロードして準備しておいた2つのZIPファイルをアップロードします。※テーマを載せ替える場合は必ずバックアップを取ってから作業してください。

 

メニューから外観、テーマを選び新規追加をクリック。テーマのアップロード、ファイルを選択。必ず親テーマ(thethor.zip)、子テーマ(thethor-child.zip)の順でアップロードすること。

 

両方をアップしたら子テーマを有効化しましょう。

これでアップロードは完了し THE THOR が使えるようになりました。

 

check !

アップロードの順番は、親テーマ→子テーマの順番。
既存サイトでテーマを載せ替える場合は必ずバックアップ。
子テーマを有効化。
更新用IDは複数サイト作成時でも同一のものを使用します。無くさないよう保管しておきましょう。

トラブルカスタマイズ画面が真っ白

 

更新用IDの設定

 

THE THOR アップデート情報が受け取れるよう更新用IDを登録しましょう。

更新用IDの発行がまだの場合は、以下のフォームからの申請してください。更新用IDはメールで届きます。

更新用IDを申請する

 

 

操作手順(WordPress)
外観 → カスタマイズ → 基本設定[THE] → ユーザーID設定

発行された更新用IDをテーマに設定します。

更新用IDの登録が完了すると「THE THOR からのお知らせ」がWordPress管理画面のダッシュボードに表示されるようになるので確認しましょう。
※更新用IDの反映には時間がかかります。1日程度様子を見て反映されないようであれば入力に誤りなどがある場合があります。

アップデート情報を確認したらダッシュボードの更新から必要に応じ THE THOR をアップデートします。

 

check !

更新用IDの反映には時間がかかる場合があります。
更新用IDは複数サイト作成時でも同一のものを使用します。無くさないよう保管しておきましょう。

トラブル更新用IDを入力してもアップデート情報がこない

 

サイトマップの登録

サイトマップの登録

 

サイトマップとはGoogleなどの検索エンジンにサイト内を案内する地図のようなもの。

ここでいうサイトマップとはxml形式のサイトマップです。xml形式以外にhtml形式もあり、xml形式が検索エンジン向けのサイトマップに対し、html形式は人間(閲覧者)向けのサイトマップになります。

 

サイトマップ(xml)の登録はプラグインを利用しましょう。

プラグインをインストールして有効化します。

操作手順(WordPress)
プラグイン → 新規追加 → Google XML Sitemaps で検索 → インストール → 有効化

有効化したら WordPress の設定から XML-Sitemap に入り任意の設定を行い[設定を更新]します。

※設定が良くわからなければ初期設定でok

 

設定画面上部に表示されているURLの後半部分をサーチコンソールにコピペして送信。(文字列はサンプルと異なる場合があります)

サンプル あなたのサイトマップのインデックスファイルの URL:https://〇〇〇〇〇〇.〇〇◯/sitemap.xml

 

サイトマップをサーチコンソールに送信

 

check !

THE THOR の基本設定にあるサイトマップはhtml形式のサイトマップなので間違えないよう注意しましょう。

 

サーチコンソールとアナリティクスの設定

 

Google Analytics は Google が提供するアクセス解析ツールです。

Google Analyticsの登録はこちら

登録がまだの場合は、忘れないうちに登録をしましょう。プロパティの追加もこちらでできます。
#Google Analytics に登録/追加する

 

THE THOR では設定にトラッキングIDを入力すれば別途コードを設置する必要はありません。

トラッキングIDはアナリティクスにログインして確認します。

操作手順(Analytics)
アナリティクス → 管理(歯車) → トラッキング情報 → トラッキングコード

 

トラッキングコードを確認したら THE THOR に設定します。コピペでOK

操作手順(WordPress)
外観 → カスタマイズ → 基本設定[THE] → アクセス解析設定

 


 

Google Search Console とは Google が提供するWebサイトの管理ツールです。

Google Search Console の登録はこちら

登録がまだの場合は、忘れないうちに登録をしましょう。プロパティの追加もこちらでできます。
#Google Search Console に登録/追加する

 

サーチコンソールで所有権の確認を行うにはDNS 認証が便利です。

DNS認証を行い、Google Search Console の認証IDを登録しましょう。

認証IDはサーチコンソールにログインして確認します。

操作手順(Search Console)
アナリティクス → 設定(歯車) → 所有権の確認 → HTML タグ

 

HTML タグから必要な部分をコピーしたら THE THOR に設定します。※必要な部分はアクセス解析設定に記載があります。

操作手順(WordPress)
外観 → カスタマイズ → 基本設定[THE] → アクセス解析設定

 

DNS 認証のやり方(ConoHa WING)

Googleサーチコンソールでプロパティの追加。TXTレコードをコピー。

サーチコンソール DNS認証
確認ボタンは一番最後

 

確認ボタンは押さずに次は ConoHa WING のコントロールパネルで作業をします。

 

操作手順(ConoHa WING)
DNS → 編集(鉛筆アイコン) → 追加(+アイコン) 
新規入力欄でタイプTXTを選択。値にサーチコンソールのコードを入力。他は未入力でOK ※サブドメインなどの場合は名称を入力
追加が完了したらサーチコンソールに戻り確認ボタンをクリック。
すぐに反映されない場合もあるので気長に待ちましょう。

 

conoha wing Search Console


コノハ ウイング サーチコンソール

 

check !

確認はとれましたか?
1日以上経っても反映されないときは設定を見直してみましょう。

トラブル更新できない「何かうまくいかなかったようです」

 

Google AdSense などの設定

 

アドセンスに限らず以下のように指定されたコードを貼る方法です。

 

  •  <head>タグと </head>タグの間に貼り付け
  • </body>直上に貼り付け
  • 全てのページに貼り付け

 

このようにコードの貼り付け場所を指定された場合、THE THOR には便利な機能があります。

操作手順(WordPress)
外観 → カスタマイズ → 基本設定[THE] → 高度な設定

 

head直上とbody直上

 

高度な設定には自由入力エリアが2つあります。

■</head>直上の自由入力エリア
■</body>直上の自由入力エリア

指定された場所にあわせてコードをコピペしてください。全てのページの場合は</head>直上の自由入力エリアでok

コードの貼り付け場所を指定されたときは、ほとんどがこの高度な設定で対応可能です。

 

check !

全てのページと言われても焦らず高度な設定を思い出しましょう

 

以上で WordPress テーマ THE THOR の準備は完了です。

サイトの構成や記事の装飾、便利な機能などはブログ更新とともに学んでいきましょう。

記事を書く前にクラシックエディターの導入

 

おつかれさまでした。

 

おまけ:コピーライトの変更

 

これで THE THOR の新規導入/再構築 の初期設定部分は完成です。

特に難しいことは無かったと思います。うろ覚えで作業するとどうしても抜けが出てきてしまいます。導入や再構築の際に役に立てば幸いです。

 

コピーライトの変更方法

サイトの一番下に、テーマを制作した FIT-Web Create と WordPress のコピーライトが記載されています。

せっかく自分のサイトを構築したのでデフォルトのコピーライトは削除して好きなクレジットを表示しましょう。(もちろんそのままでも問題はありません)

 

操作手順(WordPress)
外観 → カスタマイズ → 共通エリア設定[THE] → フッターエリア設定

フッターエリア設定にあるコピーライトの設定で文章の変更が可能です。

コピーライトをデフォルトのまま使用しているサイトを良く見かけて気になっていたのでおまけとして記載しておきます。

これでスッキリ。THE THOR の構築が完了しました。

 

なお当サイトでは形を変えて FIT-Web Create のコピーライトを残しています。

>

圧倒的な美しさ【 THE THOR 】
デモサイト全9種

CTR IMG